06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

試行錯誤のオムツ

2017.07.16 (Sun)

フィンがしていたオムツの話だけ、しかも長文なので、
興味がない人は読まないで~(笑)。

17:58  |  日常のこと  |  Comment(3)

こんなに…

2017.07.13 (Thu)

DSC02599.jpg

おむつの使用は試行錯誤だったこともあって、大量に消費した。
買い置きもそこそこ余裕が必要だったせいもあって、
こんなに残っちゃった。

170716-1.jpg

食欲がなくて、少しでも食べさせたくて買ったものや友達が送ってくれたもの。
一時、食欲が戻ったこともあり、こんなに残ってしまった。

振り回されないようにしよう、必要最小限にしようと思っていたけど、
食べさせないとお別れの日が近くなる気がして、買わないではいられなかった。

多分、時計を逆に回して1月に戻っても、同じことをすると思う。

170701-14.jpg

5月中旬からは普段食べていたドッグフードをまた食べられるようになった。
小さい袋でいくつか食べきったあと
「まだまだ食べられるよね」
との希望を込めて大きめの袋を買った。
でもそのとたんにお別れの日が来てしまい、こんなに残ってしまった。

朝起きて、水を飲ませる。
抱きかかえておしっことウンチをさせ、お尻周りを浴室で洗い、ドライヤーで乾かし、
きれいなオムツを穿かせて、薬を飲ませ、食べられそうなものを選んで食事の介助。
清潔な敷物の上に寝かせる。
頭や顔にできた乳頭腫に軟膏をつけ、食べ物や水で濡れている口周りを拭き、
涙焼けしかけている顔を拭き、カピカピになった鼻を潤す。

朝の食事の前後だけでこんなにフィンのケアがあった。
道理で今は時間を持て余すわけだよね(笑)。

フィンがいない生活のリズムをつかむまで、もう少しかかりそうです。
14:29  |  日常のこと  |  Comment(0)

初七日

2017.07.04 (Tue)

14年半以上撮ってきたフィンの写真。
その、ごくごく一部をデジタルフォトフレームに入れている。
今日はそれにちょっと付け足して、スライドショー風にしてみました。

今日、私が買い物から帰ってきたとき。
フィンと仲良しだった母が、
居間でデジタルフォトフレームに写っているフィンを撫でながら泣いていた。
「ずっと見ていたら、笑ったり泣いたり…になっちゃうわ」
って。

フィン、ばあちゃんを見守っていてね。
お願いね。

[広告] VPS
22:30  |  日常のこと  |  Comment(2)

空へ

2017.06.29 (Thu)

この14年半の間、ず~っとず~っと私の宝物だったフィン。
一緒に過ごした日々の思い出もすべてが大事な宝物でした。

この春、病状が悪い中にも一時は症状が改善し
食事も食べられるようになっていたのが、
数日前からまた体調が悪化。

家族も本人もとても頑張りましたが、
27日病院に連れていって帰ってきたものの、
呼吸状態が悪く、嫌な予感がする中でブログを更新。
その10分後のことでした。

私の膝のそばで大きく最後の呼吸をしたあとに
神様の元に帰ってしまいました。

作る作る…と口ばかりでなかなか制作に着手しなかったアシスタントバンド。
構想1年。作り始めて1週間。完成して48時間…。

170625-10.jpg
下手くそな出来だったけど、親孝行なことにそれを着て旅立ってくれました。

この数か月は苦しそうな日が多くて、見ているもの辛かったな。
フィンは何も食べたくないのに
「これも食べられない?これは?だめ?じゃあこれは?こっちはどう?」
としつこくされて辛かったと思う。
ごめんね、フィン。

「いらないっ!」
ってプイッって横を向かれると途方に暮れたけど、
あの顔、頑固なフィンらしくてけっこう好きだった。

フィンがいることでどれだけたくさんの人と出会えたことか。
フィンがいなければ行かなかった、歩かなかった、立ち止まらなかった場所がいっぱい。
どれほど多くの思い出を私に残していってくれたことか。

ただただ感謝。

お父ちゃんからの手紙とお母ちゃんからの手紙とみんなで撮ってもらった写真を枕元に置いて…。
初めてのひな祭りにお父ちゃんが買ってくれたクマのぬいぐるみとおやつをそばに置いて…。
使いなれた毛布と我が家の匂いがいっぱいついたタオルケットに包まれて…。
獣医さんがくれた花束をもって…真っ青な空に帰っていきました。

本当は葬儀の前にお世話になった病院に寄って
何かの役に立つのなら…と左眼をもらっていただく予定だったのだけど
急に先生と都合が合わなくなってしまった。
もしかしたら、これもフィンの意思かな。

子供の頃から眼球の黒色腫を患って、
「眼球を摘出することになるかもしれない」
と父ちゃん母ちゃんをさんざん嘆かせたのに
両眼が揃ったまま神様に会いに行くことになりました。
フィンの最後の意地だったのでしょうか(笑)。

そんな訳で、最期もただ眠っているような顔でした。
170628.jpg

お母ちゃんがそっちに行った時は尻尾を振って迎えに来てよ。
尻尾の先の小さな骨は、その時まで預かっておくね!(かーい!(笑))

ありがとう、フィン。
安らかに。
20:29  |  お知らせ  |  Comment(9)

厳しい

2017.06.27 (Tue)

数日前から、また下血が始まり、
なんだかバタバタと全身状態が悪くなってきちゃいました。

喘ぐような呼吸をしていることが増えてきた最近。
昨日は下血してはいたけどフードを食べたので、
「ああ。こんな感じで過ごせるならば病院にもいかず、
下血しようが何しようが好きなものを食べさせて最期を迎えさせてもいいかな」
と思っていた。

でも今日になって、さらに苦しがるようになり、見ているのもつらくなってきた。

病院には行かずこのまま看取るのも、
少しでも楽にしてあげるために病院に行くのも、
どっちもどっちな部分があってどっちが正解なのか、
いやいや、そもそも正解も何もないか~とか、迷って迷って。

結局、とても苦しそうな姿を見続ける勇気がなくて病院に行った。

薬を調整してもらって、
「色々な意味で病院に行ってよかった」
と帰ってきたけど、もう水も飲まなくなってしまった。

前脚の動きも減ったけど、苦しそうにしているよりはいいか…。

フィンの命が尽きるのと、
今日処方された薬が効果を発揮してくれるのと
どっちが早いかってところですが、
ちょっと朦朧としてきているので厳しい夜になりそう。

170627-1.jpg

なんて寂しい夜なんだろう…。

明日の朝、
「ご飯ー!」「水飲む~!」「おしっこ連れてって」
って言ってくれないかな。
22:37  |  日常のこと  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT