01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

ローマから成田へ

2012.02.29 (Wed)

今日は朝から全員連れ立って、
ホテルの近くのスーパーまで買い出しに。
最後の荷造りでスーツケースに詰めて
ローマ空港に向かう。

我が家のスーツケースは3つだったけど、
一つは二重になってるのでX線で見たら怪しいかも!

でも添乗員さんが
「バッグを入れる人もいるし大丈夫。
そもそもBAのロスバゲがきっかけなんだし、
どうしても出せと云われたら出せばいいですよ」
と。

最後にアシスタントで来ていた現地スタッフも
「大丈夫」
といったのでそのままチェックイン。

「ヒースローでは乗り継ぎの時間に
あまり余裕がないので買い物の時間はないと思うから、
何か買いたい方はローマ空港で買うといいですよ」
といわれて、
自分のものはまだチョコレートと水くらいしか
(どれだけ貧乏性なんだか!(笑))
買っていなかったけど
ようやく最後に空港でお財布を買いましたぜ!

5年前にドイツに行ったときは
1ユーロが150円くらいだったんだっけ?
今回は105~110円。
「俺はもう何もいらん」
といっていた父ちゃんもちょっと買い物しました。

【ジャージ・デ・アルマーニ】
120228-1_20120302131742.jpg
ブランドではありません。

暗いので分かりづらいけど…。
帰りの機内では寝る気満々だった父ちゃんは
朝の荷造り時点からジャージ!
そのままお店に入って買い物してた!(笑)


【ロスバゲ;ちょっぴり続き】
買い物を済ませて
「あとは飛行機に乗り込むだけ」と思ったら、
「出発が遅れます」のアナウンス。
機体の不具合があったとか(?)で別の機種になったよう。
で、ようやく機内に入ってもなかなか動かない。

そのうち、CAが二人連れ立って
父ちゃん母ちゃんのところへ来て、
「航空券とパスポートを見せろ」
って(@@)

遅れた言い訳理由説明の機内アナウンスが
かなりの早口だったので、後ろの席にいたご夫婦さん曰く、
「セキュリティーでひっかかった荷物がある、
ミスター○○の荷物がうんぬん…って
いってるように聞こえる(^^;)」

40分遅れで出発。
それでなくても余裕がなかったヒースローでの乗り継ぎが
更に短くなってしまい、
全員でひたすら走ったーーー!

ヒースロー、広すぎでしょ~よ。
こんなだからロスバゲしちゃうんじゃないの(=_=?

息を切らせて着いた出国ゲートはガラ空き、
搭乗手続きのJALカウンターもガラ空きだったので
何とか間に合いましたわん。

JALのお姉さんたちの笑顔を見たらホッとしました。
これからも頑張ってよ、JAL!(笑)
120227-00.jpg

夕方ようやく成田に到着。
添乗員さんが
「あまりにもBAには誠意がなさすぎる。
カウンターに行って、一言文句を言います!」
と行ってくれました。


そうしたら。
カウンターには誰もいなかった!(爆)

もうどうでもよくなりました(^^;)

若い女性添乗員さんは
本当によくしてくれました。
ありがと~。

120227-10.jpg

家に戻ってからロスバゲのことを調べたら、
100個以上のスーツケース@飛行機1台分の荷物が
届かなかったなんてこともあるそうで(笑)。

日本ではちょっと考えにくいことだよねぇ。

成田から羽田に移動して、もう1泊。
そうこうしていたら、夜中から明け方にかけて
季節はずれの雪でちょっと焦ったけど
かろうじて渋滞に巻き込まれずに空港まで行って
午前中に函館に到着。
フィンとカレンを迎えに行けて無事に再会しました。

会いたかったよ~!

家に帰ってからはじいちゃんばあちゃんとも再会して
夕方からようやく落ち着きました。

やっぱり我が家が一番(笑)。


犬ブログなので、
旅行に関しては遠からず削除します。
15:55  |  日常のこと  |  Comment(0)

ローマ・ポンペイ・ナポリ

2012.02.26 (Sun)

昨日はローマを散策。
急遽、夜にタクシーで空港に行くことになったために
ユーロが足りなくなりそうで、両替所探し。
ジェラートも食べなくちゃならないし、
トレビの泉にコインを投げなくちゃならないし、
時間がなくてあたふた。

トレビの泉は水面が見えないほどの人だかり!(@@)
「ついさっき日本人の観光客がスリ財布を盗られたらしい」
「くれぐれもバッグに気をつけて!」
といわれたので、
右手にジェラート、左脇でバッグを守って、
「この体勢でどうやってコインを投げるのさ?」
って感じ。

今日は午後はポンペイの遺跡観光。

今回、本当はローマ滞在型のツアーにしたかったんだけど
人気がないのか申し込み人数が少なくて催行されず。

ロスバゲで振り回されてのんびりする時間がなかったし、
ポンペイはキャンセルして、
半日くらい別行動でちょっと歩いてみたいな~なんて
思ったりもしたんだけどね。

英会話が小学生レベルなので、
郊外のホテルまで戻る自信がなくて諦めました。




でも
「今後もっと年を取ったら、そうそうこんなハードスケジュールでは
来られないしなあ。やっぱりあちこち見ておこう!」
と素直にツアーの皆さんとポンペイに行くことに。




って訳で、ポンペイ。

2000年前なのに都会なんですわ(驚)。
120226-8.jpg

お金持ちの家。
真ん中に井戸がある。
120226-5.jpg

ここも民家の玄関先。
犬がいるのでそれをマークにしていたのかな?
ちゃんと鎖も描かれてるの。
当時、すでに鎖があったってことよね?

とても細かいピース@で描かれているモザイク画です。
(違っていたらすみません(笑))
120226-13.jpg

ここは今でいう居酒屋。
120226-7.jpg

右の臼で、ロバに粉を挽かせて
左奥の釜でパンを焼いていた?
120226-6.jpg

他にも床暖房・壁暖房の公衆浴場があったんだって。


2000年前、すでに人間と犬は一緒に暮らしてたってこと。
そして、今もこの辺に住み着いている。
道案内してたよ。

120226-1.jpg

世界遺産でゴロ寝(笑)。
120226-2.jpg

噴火の何年か前に大きな地震があったので
(火山性地震かな)
建物が倒壊、復興・修理中だったようです。

だから継ぎ接ぎになってる。
120226-3.jpg

これだけの街が火山礫で10mも埋まって、
1700年もの間、地中に埋まっていたなんてね。
120226-4.jpg

「そうかそうか。ふ~んすごいねぇ。びっくりだねえ」
なんてベンチにちょっと腰掛けたら、

120226-11.jpg

「それ遺跡ですよ!」
って。
ベンチじゃないんかいっ。


なんで後ろにフェンスが造ってあるのに
手前に遺跡の欠片を置いているの?(笑)

他のお客さんが
「途中、世界最古の水道管がこれです…なんて
ガイドさんが説明してくれたところがあったよね。
でもあれって観光客が普通に踏んでる。
日本じゃ考えられないよね~。
日本だったらすぐに透明アクリル板で覆って
触れないようにしちゃうよね」
って。

そうだよね、そんな扱いだから、
大理石もその辺にてきと~に転がしてあるのかも(笑)。
21:46  |  日常のこと  |  Comment(5)

フィレンツェ・ローマ

2012.02.25 (Sat)

フィレンツェを発って、
サンジミニャーノという小さな街を観光。

昔、イタリアでは貴族が権力の象徴
(遠くがまで見渡せるえというセキュリティー的な面もあり?)として
塔を建てることが多かった。
多くは取り壊されたけれど、ここの街は途中で
「これは貴重なもの。これ以上は壊さないで保存しよう」
ということになり、
今は『塔の街』として世界遺産になっているんだとか。

1日くらいかけてぶらぶらしてみたいような
風情のある街でした。

しかも!
ここの街にはおいしいジェラート屋さんがある?
朝早くてまだ開店していなかったのは残念(>_<)


もうすっかり仲良し。
「ねえねえ、みんなで撮ろうよ」
になる。
120225-1.jpg

観光コースの関係もあって、
レストランとホテルのバー以外ではビールが手に入らなくて
じりじり・イライラしていた父ちゃん。

ようやくスーパーに立ち寄って
ビール@ハイネケンを発見。

イタリアに来て一番の笑顔?(爆)
120225-3.jpg

さ~て。
あとは、つまみが届くかどうかだね(笑)。
ロスバゲのスーツケースに入ってるのさ…。

デジカメの充電が不完全だった上に
ストロボを使うことが多かったせいか、
ローマの町中でバッテリー切れ。

がっかり。

携帯で撮影@コロッセオ。
120225-100

コロッセオが造られたのは2000年前。
日本ではまだ縄文時代だったのに、
ローマではもうこんなの建てちゃってたんだね。

このコロッセオ周辺、現在進行形で遺跡発掘中。
車がびゅんびゅん走る道路の脇で
ふつ~に道路工事と同じフェンスを張って
発掘してる(笑)。

すごすぎる~。


【ロスバゲ;ローマでマトリョーシカ】

さて。

ホテルに入って、夕食の後に
ロスバゲの件でローマ空港に行きました。
21:43  |  日常のこと  |  Comment(3)

フィレンツェ・ピサ

2012.02.24 (Fri)

【ロスバゲ】
朝一番、添乗員さんが
「○○さ~ん!スーツケース見つかりました!
どこで見つかったかは不明だけど、
ミラノ空港に何度も連絡を取ってくれていた(現地)社員も
“○○is so lucky”と言っていました」
明日、ローマのホテルに届くようです。
よかったああぁぁぁ~」

ご一緒した人たちも
もう我がことのように喜んでくれて拍手。
ありがと~。

お騒がせしましたーー!

【観光】
今日は午前中フィレンツェ。
街そのものが美術館といわれている。

美術館にはミケランジェロ・ダビンチ・ボッティチェッリなどなど、
美術図鑑なんかで見たものが
あれもこれもという感じで目の前に。

同行の人たちと更に親しくなってきて
景色に人物写っているのが多くなってきたので
いよいよここに載せられる写真が少ないっす(苦笑)。

午後はピサの観光に。
これも子供の子ころから教科書や写真集なんかで見たね。
だからどれだけ古いんだろうと思って行ったら、

ポッカーーーーーン!

ぜんぜん古さを感じない。
もっと苔が着いたり風化して崩れているとろもあるのか
と思っていたのに、真っ白で美しい!
120224-1.jpg

夜はまたフィレンツェに戻って、
自由行動していた人たちと合流。
120224-2.jpg

何もかにもスケールが大きくて、何日たっても現実感がない~。
120224-3.jpg

【ロスバゲ】
「すみません…荷物、ローマに向かっていると
BAのサイトに載っていたんですけど、
電話で念押ししたら“分からない。約束できない”といわれちゃいました。
もうどこからが本当でどこからが言い逃れか、
まったく判断がつきません。
分かったことは、明日ホテルには届かないということ。
手続きになるのか受け取りになるのか分からないけど
いずれにしても、明日ローマ空港に行かなくちゃならないことです」
と。

「ミラノまで来いっていわれないだけマシかな」
とか
「もういっそのこと、ここまで来たら
明日じゃなくて帰国に自宅に届けてもらってもいいんだけど」
という気になってくる。

父ちゃんなんて
「もう返してくれなくてもいい(^^;)」
とすら言ったよ(笑)。

うはは。
21:39  |  日常のこと  |  Comment(0)

ベニス・ボローニャ・フィレンツェ

2012.02.23 (Thu)

昨日買ったセーターやら下着やらを身につけた父ちゃん。
ツアーのバスの運転手さんに
「オー!イタリアーノ!」
と冷やかされました。
楽しみにしていたベネツィアに到着。
120223-1.jpg

今日も快晴。
出国してからも今日までず~っと快晴!

雨女返上ーーー!

気温は10度くらい。
120223-2.jpg

スリ・ひったくりが多いというイタリア。
「写真を撮って下さい」
と渡されたカメラのシャッターが押せなくて
「あれ?あれ?」
ったやっていると
「おかしいなあ。ここだよ?」
と覗き込んできて、その隙にバッグから財布を抜き取られたり、
赤ちゃんを抱いた女性などに急に取り囲まれて
おろおろしているうちに抜き取られたりとかということも
あるんだって。

特に人が多いところでは注意ですよ。

とか何とか言ってるところに、
「シャッター押してもらえますか?」(推測)
と、彼氏らしき人と一緒の若い女の子が
お母ちゃんにスマホを渡してきた。

ひったくりが多いと言われているイタリアで、
スマホを託してくるなんて。
持ち逃げされるかもしれないのに!

日本人だから信用されてる?
中国人だと思っていたかもしれないけど(爆)。

これは写してあげないと!

そう思って、
「ここ」
と指さされたところを押して、相手に確認してもらったら
「ノー…」(しょんぼり)
もう一度押してみてもらったら、やっぱり
「ノー…」(哀)

え~?と思って、よく見てみたら、
シャッターと違うところ押してるじゃん!
そこシャッターじゃなくて、メインスイッチだからー!(爆)

よく考えたら、スマホなんて
家電屋さんでいたずら程度にしか触ったことがないんだった(笑)。

3回目でようやく撮れて
やっと撮れたんかい!的に笑い合い。

「日本人だからスマホを使えるかと思ったのに、
おばはんに頼んだのが間違いだった」
と分かったかな。
いい勉強したわね、金髪の美人ちゃん(笑)。

最後に
「サンキュー」「アリガトウ」
って。
分かっていたようです…日本人だと。

【ロスバゲ】
添乗員さんが
「こちらのスタッフがミラノ空港まで行って荷物を探しているんですが、
詳しいことを聞こうとしても本人じゃないとだめといっているようです。
書類を書いていないので、ロスバゲの手続き自体が
されていないと同じことになっている。
最悪、やはりミラノ空港まで行かなくてはならないかも。
らちがあかないので、BAの日本支店に電話をしているのですが、
電話に出ないんです。時差があるので連絡が思うようにならない。
だからまだ荷物がどこにあるのかすら分からない状態です。
ごめんなさい」
って。

添乗員さんは何も悪くないのに~。
多分、お客さんが寝てから自分の睡眠時間を削って
あちこち掛け合ってくれているんだと思う。

そういう姿を見ているうち、他のお客さんも
「いい添乗員さんにあたった」
とすっかり信頼して、
ロスバゲ以外では負担をかけないようにと思ったのか、
とてもいい雰囲気に(笑)。

現地ガイドさんにも協力してもらって、
パスポートをコピーして、
その横にロスバゲの手続きをして下さいという内容の文書を書いて
BA宛にFAXを送ることに。


なんだろう。
これ、旅行記じゃなくなってる気が~(笑)。


そろそろフィンカレンの禁断症状が出てきた。
どうしてるだろ~。
フィンは怒ってるだろうなあ(^^;A


まだまだ続く~。
16:52  |  日常のこと  |  Comment(2)

ミラノ・ベローナ・ベニス

2012.02.22 (Wed)

【観光】
ひゃ~。
もう、なんて言ったらいいんでしょ。

どこもかしこも広くて大きくて。
へええええええ…って下から上まで見終わったときには
体が反っくり返っていて、後ろに倒れそう。
眼の視野を端から端まで使っても
足りないところばかり。

そもそも写真に写り込まないので
たった数時間でカメラを向ける気がなくなっちゃった。りして

100m離れてもまだ全部写らないって、あ~た。
120222-10.jpg

【ロスバゲ】
添乗員さんが
「BAに連絡したら、ある電話番号を伝えられたんだけど
そこにかけてもなかなか繋がらない。繋がってもたらい回し。
スーツケースがどこにあるかも分からない。
調べる手だてもない…というか調べる気がなさそう。
しまいには“手続きしてないでしょ?本人が手続きに来ないと渡せない”
といっている」
と。

手続きができなかったのは、
まだお客さんががいるのにさっさと帰ってしまったからでしょ~よ。
私たち、明日にはフィレンツェまで行っちゃうのに。

旅行前、古いスーツケースが重たいので
「最近売られている軽量のタイプに買い換える?
またしばらく旅行には行けそうにないし、
古いままでいいかあ」
なんていって、古いのを持って行きましたが、
まさか旅先で買うことになるとはね(笑)。
120222-2.jpg

【イタリアパンツ事情】
他の人たちが買い物をしている時間に
現地ガイドさんと添乗員さんと4人で
父ちゃんの電気シェーバーや下着を買い出しに。

買い物中、父ちゃんが狼狽している。
「パンツに穴がないっ!」
股引代わりに買った男性用レギンスにも穴がない。

若い独身の添乗員さんにその話をすると
「え?普通は穴が開いてるんですか?」
って(笑)。
「穴がないのもあるのはあるんだわ。
普段は穴あきをはいているから、穴がないと不便!」
と熱く力説する父ちゃん(笑)。

この後、バスの中でも年配の人が
「子供の頃は穴はなかった気がする。
穴があるようになったのは戦後くらい。
よく分からないけどアメリカの影響かも」
「こっちの人は穴がないパンツをはいているから
いちいちベルトをはずしてズボンを下げないとおしっこができない。
だから男性用トイレも全部個室なのかなあ」


そしたら、添乗員さんが
「ガイドさん(イタリア人)に
“こっちで買ったパンツには穴が開いていないので
お客さんがびっくりしていた”といったら、逆に
“え?穴っ?前部分に穴が開いているの?”とびっくりしてましたよ。
そういえば息子が子供の頃はいていたパンツは
穴が開いていた気がする”っていってましたよ」
と。

真逆ですかい。

それにしても
ミラノコレクションが行われるようなおしゃれな町で
パンツ談義って(笑)。
16:03  |  日常のこと  |  Comment(5)

成田・ロンドン・ミラノ

2012.02.21 (Tue)

昼ちょっと前に成田を発って、
JALに乗って12時間、イギリスのヒースロー空港へ。
そこから2時間ほどブリティッシュ・エアウェイ(以降BA)に乗って
ミラノ空港へ。

うは~。
やっと着いたよ。
あとはホテルにチェックインして休むだけ。









と思ったら!
ここからがドタバタの始まりだった。

【ロスバゲ】
父ちゃんのスーツケースだけがターンテーブルに流れてこない。
諦めて、ロスバケの手続きをしようとしたら
カウンターの係が帰ってしまって誰もいない。
客がまだいるのに帰宅~?
日本では考えられないようなないないづくし!

なすすべがなく
ロスバケの手続きができないままホテルへ。

到着した時間は日本時間だともう深夜(明け方)。
目一杯疲れているはずなのに、
同じツアーに参加した人たちは
ホテルのロビーに着くなりスーツケースを開けて
「使い捨ての下着を多めに持ってきてるの。よかったら使って」
「この靴下使って」
「うちの息子もロスバゲしたけど、
あとでちゃんと出てきたって言ってた。
きっとあなた達も大丈夫よ。元気だして」
などなど、口々に励ましてくれてかなり救われた(*_*)

この後は長距離移動が続くので
スーツケースが手元に届くのは難しく、
帰国後になる可能性もあるとか。

失ったスーツケースには入っていたのは父ちゃんの着替え一式と
カップ麺や酒のつまみくらいしか入っていなくて
デジカメや携帯電話の充電器、変圧器などの
重要アイテムは母ちゃんのスーツケースの中だったので助かった。

とはいえ、
BAには最後の最後まで振り回されました(>_<)

ロスバゲなんて
「そういえば聞いたことがある」くらいの他人事だったけど
4~50個に1個くらいの確率であるのだそう。
特にヒースロー空港経由の時に多いとか。

初日から疲れた!

思い出しながら書いているので
内容はいつでも変更・削除の可能性ありです。
悪しからず。
14:48  |  日常のこと  |  Comment(0)

待っててね

2012.02.21 (Tue)

なんとかとれることになった休暇。

このチャンスを逃すと
この先、長期休暇のチャンスはなさそうなので、
フィンをカレンは訓練士さんにお願いして
ちょっと旅行してきます。

フィンのことはちょっと心配。



カレンは……カレンは……大丈夫っしょ(笑)。

120219-1.jpg

じいちゃんばあちゃんも寂しいみたいだけど
帰ってくるのを楽しみに待っててくれるって(^-^)

utzさんよろしくお願いします。
いっぱいアドバイス下さった海外旅行の達人たむさん、
ありがとう♪

いってきま~す。



携帯は普通に通じます。
メールは受信しません。
06:06  |  おでかけ  |  Comment(7)

こらっ!

2012.02.18 (Sat)

じいちゃん、ばあちゃん、母ちゃんが遊んでいたら、
気を引きたかったらしきフィン。
テーブルの上に置いていたレース調のかごを
サッとくわえて、踊ってから(笑)びりびり…っと。


頭に載せて写真を撮っちゃおう。
120217-1.jpg


この様子を見ていたじいちゃん(後方)が一言。


「ん?○○○○か?」


さて。
いったい何と言ったでしょう。


08:42  |  日常のこと  |  Comment(0)

三文の得

2012.02.15 (Wed)

明け方、枕元でカサコソと音がして目が覚めた。



…ら。
暗闇で並んでるぅ~~(笑)。
120215-1.jpg

あんたたち。
12:31  |  日常のこと  |  Comment(5)

またまた

2012.02.09 (Thu)

また寒気が来てるんだって。
車を運転しても雪が降っていて前が見えず。
雪がやんでも風が強いので地吹雪で前が見えず。

気温も低くて、
毎日冷凍庫の中にいるような生活。
120209-1.jpg

早く春にならないかなあ。
23:18  |  日常のこと  |  Comment(3)

節分

2012.02.04 (Sat)

今年もらってきたお面はバカボンのパパ風。

フィンは慣れっこだけど、
100203-1.jpg

カレンはだめ(^^;)
100203-2.jpg

カレンはこれでいいのだ。
120203-4.jpg

肝心の豆まき(ならぬフード撒き)は、
鬼とカレンが…

15:35  |  季節の行事  |  Comment(8)

低温注意

2012.02.01 (Wed)

まだまだ週末までは気温が低いんだって。

父ちゃんが不在の時に
お風呂のお湯の配管が凍ってしまって
すごく手間暇がかかった~。

まあ、いたとしても
対処するのはどうせ母ちゃんだけどね(=_=)

ようやくなんとかなったけど、
排水溝も凍っちゃっていたので苦労した!

今日はふと洗濯機パンに目をやったら
なんだかゴミがいっぱい。

どうやら洗濯機の排水溝も凍っていたのに
気がつかずに使ったので、水が貯まったらしい。

よ、よかった…あふれなくて。

上下水道とも凍結が相次いで、
この辺の配管屋さんは大忙しだそう。

今月も大雪になる予想らしい。

天気には恵まれない星の下に生まれたらしい自分。
今月、飛行機に乗る用事があるんだけどっ。





ちゃんと飛ぶかな…。



い、嫌な予感がする~。


犬団子@寒さのバロメーター。
120201-1.jpg
22:05  |  日常のこと  |  Comment(2)
 | HOME |