05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

ちょこっとドライブ@昔話風覚え書き

2011.10.13 (Thu)

むかしむかし、
じいちゃんとばあちゃんが北海道に住んでいましたとさ。

ある日ばあちゃんの弟が、
「お姉ちゃん、お姉ちゃん。
家を建てた記念に石をあげましょう」
と日高の山の中から遠い空知地方の町まで石を運んで
庭石としてプレゼントしてくれたんだとさ。

じいちゃんはたいそう喜んで、
毎日眺めて楽しんでおったそうな。

月日は流れ、
じいちゃんばあちゃんは遠くに引っ越すことになった。
家を明け渡すとき
「これから他人が住むことになる家に
この石をこのまま置いておくのはもったいない。
弟に返そう」
「そうだそうだそれがいい」
といって、
弟は日高から運ぶのも大変だったのに、
また回収しに行く羽目になり、たいそう骨を折った。

あれから20数年。


長いよ長いよ~!

More・・・

時が流れ、じいちゃんとばあちゃんは

娘と一緒に暮らすことになったので
また北海道に帰ってきた。

ずっとその石のことを忘れられなかった強欲なじいちゃん。

なんと、家を建てたお祝いに義弟がくると聞いて
「またあの石がもらえないもんかのぉ。
でも、もらいに行くには遠いし、
石は重たい・義弟も年をとって腰が痛いし運べないだろうし、
ましてや自分から「またあの石が欲しい」なんて
とてもとても言えないのぉ」
と、義弟にねだって欲しそうに遠回しに娘に愚痴っておった。

それで、
「じさまが生きているうちに、
なんとか石と再会させてやるべ」
と娘と婿さんが相談した結果、
本当はとっても遠慮深い娘なのに勇気を振り絞って

「あじさ~~ん!父が“○○君(義弟)が
またあの石をさしあげましょうって言わないかなあ!”
って何回も何回も言うんです!またもらってもいいですか?」
と札幌まで石をもらいに行ったんだそうな。

本当は遠慮深い娘なのに
叔父の家に行き石を5個も6個も積んでいるうちに
何かがはじけてしまい、
その日泊めてくれた親戚の家の庭では
この間、根が付かなくて枯れてしまった、
じいちゃんが大好きな蝦夷紫ツツジの木を見つけ出し、
3本も掘り出した。

この親にしてこの子ありの言葉の通り
本当はとっても欲張りな娘だったらしいのぉ。

でも娘はその後はっと我に返り、改心して、
本当はもう1泊どこかでふらふらしようと思っていたのに
ツツジの木が弱るんじゃないかと思って
どこにも寄り道しないでまっすぐ帰ってきたんじゃと。

その後、
ツツジは庭の片隅に植えられ、
日高→空知→札幌→道南と激動の人生石生を送ることになった石は
じいちゃんに
「20年ぶりだな(涙)。また当分はここでかわいがってもらえ」
といっぱい撫で撫でされたんだそうな。

めでたしめでたし。


行くときに寄った豊浦町の展望台。
111013-3.jpg

普段は高速道路利用派の我が家。

豊浦町(ボクシングの内藤選手の出身地ね)は横目で見るだけで
立ち寄ったことがなかった。

でも今回は町道を通って下に降りてみたら
意外にきれいな町でびっくり。

体がもう一つあったら、
あっちにも住んで見たいかも。


イチゴの産地として有名。
ホタテや豚もかな?
111013-4.jpg

フィンに「ハウス」といったら、
ホタテの中に入るかななんて思って試したら
111013-5.jpg

左の豚の下に入ろうとしました(爆)。


これは大滝村にて、初の顔出し広告(?)の記念撮影。
111013-6.jpg

ちなみにカレンは
「嫌だ嫌だ」
ってクネクネして撮れませんでした。
21:07  |  日常のこと  |  Comment(6)

Comment

がはがは…何故豚の下…笑

遠慮深い娘さんにお疲れ様~と
お伝え下さいまし~♪ブヒ(^@^)笑
サクママ |  2011.10.16(日) 14:30 | URL |  【編集】

5、6個!?帰りは一体総重量何キロ?
お父様が長年恋焦がれていた石・・・私もぜひぜひ
拝見したいです。
豊浦町は春に『豚肉イチゴ祭り』やってますよね。
その組み合わせどうなの?って思いつつ、一度は
行ってみたいなぁと思うお祭りです。
ちなみに私は豊浦からわりと近い【伊達市】が
住みたい街第1位です。風もないし、雪もすくないし・・。
マッシュ母 |  2011.10.17(月) 14:45 | URL |  【編集】

そのいわくの石を拝見したいものじゃーー
私は小粒でもお指の上でキラキラする持ち運び可能な石が好き♪

ね、ね、このホタテ(シェル)の間に
シェル座らせて写真とりたかったよーーー!!!ダブルシェル~~
たむ |  2011.10.17(月) 17:42 | URL |  【編集】

☆サクママ☆
札幌は人が多かったわあ。
20年以上も住んでいたことがあるなんて
今となっては夢みたい。
人酔いしてしまった(笑)。
おされ~な店が多くて、入ってみたかったけど
我が身をよく見てみたら、いつもの散歩スタイルのままでした!
げげ~。
靴にも土や草の汁がついてたっ!(爆)

☆マッシュ母さん☆
石はほとんど一人で持てるものでした。
二人がかりだったのは1個だけかな。
それでも帰りの車は重かったわ~。
中山峠はフルスロットルで50km/hくらい。

もう潮風でボロボロの車だから、
崩れるんじゃないかとハラハラした~(^^;


んで。
初耳だわ。『豚肉イチゴ祭り』(笑)。
ホタテは自分がないがしろにされて
不満はないのかしらん。

伊達は通り過ぎたことしかないのでよく分からないけど、
人気があるみたいですよね。
特に定年退職後。

日本海の冬は厳しい…でも夏は最高だし、
それはそれでやめられないっす。

☆たむさん☆
石は車の後部座席に乗せてこられるくらいの
小さいもなので、
家の家族意外には気づかれないかも(笑)。
「そういえば、何か転がってるね」
くらいの。

たくさん集めるのは無理だし。

二宮金次郎系にお出まし願うか、
それとも横に大理石のアンパンマンや
ドラえもん置くかな~(笑)。

そうそう。
私もこれを見たときにはシェルのことを
思い出したよ(^-^)
中に挟まったらダブルシェルってか、
シェルバーガー?
人気メニューになりそうな!
みき |  2011.10.17(月) 22:31 | URL |  【編集】

で、その石の写真がこのヒラヒラの貝殻なの?
っとその時思ってしまいました~(笑)。

石運び、ご苦労さま。
そんなに愛でられて、石もさぞかし喜んでいるだろうね。
おじいちゃんも、満足満足。
なす姉 |  2011.10.18(火) 12:03 | URL |  【編集】

☆なす姉さん☆
これはちょっともし誰かがくれると言っても
大きすぎる~。あははは。
土台の部分ならあってもいいかも。

大工さんに
「大きい石は一度置いたらほぼ一生そのまま。
動かすにもお金がかかるから、
よく考えてからにした方がいいよ」
っていわれたわ。
でも今回の石は小さいから、父でも動かせるせいか
庭を覗くたびに場所が変わってます。
石、転がされまくり(笑)。
みき |  2011.10.19(水) 21:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |