09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

左眼のこと

2008.03.08 (Sat)

「去年の今頃って、どれくらい雪が溶けていたっけ?」
と去年の記事を見てみたら、眼科受診の日でした。

『犬 眼 黒色腫 眼球摘出 凍結手術』
などなどの検索でここにたどり着く人も毎月のようにいるみたい。

フィンが手術を受けたのは2006年6月。

去年の今日はすでに
「(左眼が)年を越せないと思っていたよね」
なんて言ってました。


それが、そこからまた1年。
頑張っているねえ、フィン。

でもさすがに最近は遠くから見ると左眼は真っ白。
腫瘍は下の方にあって、色は真っ黒。
白いのは角膜の細胞の代謝が阻害されて脂肪が沈着しているから。
そこに肉芽が増殖してきてしまって、
多分、下の3分の2くらいは幕がかかった状態で見えていない。

実はブログにアップする写真も、
何枚かちょっぴりだけ画像を加工したことがあります。

あまりグロテスクな写真を載せるとフィンに気の毒な気がして…。

でも、近々テレビでも多分大写しで映っちゃうしね。
あまりびっくりされないように先に写真を載せちゃいます。


これでもあまりひどい写り方をしていないのを選んだのだけど~。
色が濃い部分は2ミリくらい、前に飛び出しています。
080308-1.jpg


今はまだ、痛みがないのが救いかな。

今の勢いで行くと、
今年中には眼球摘出とまでは行かないにしても
左眼は完全に白くなっちゃうのかも。

あまり症例がないので、獣医さんも予測が付きかねるそう。

かなり見えにくいとは思うけど、


いい方の右眼を手で被っても…
オヤツだけはしっかり見えるんだよ(笑)。 

さすがラブラドールだ…フィン。


左眼がまだ黒かった頃のフィンの顔を
忘れつつあるのがちょっと悲しい…。


せめて、検索でたどり着く方達のワンコさん達は
素早い処置で早く良くなりますように。。。。

22:22  |  健康管理  |  Comment(5)

Comment

それでこそフィンちゃん!

きっと飼い主さんとして悲しくて大変なことと、
まっすぐ向き合っているみきさん、とてもえらいなあ、と思います。

おやつはきっちり見えるんですね!
ラブラドールの食い意地は良~くわかります(笑)
でもそれって「生きる意欲に満ちている」ってことですよね。
きっと大事なことですよね!
あん |  2008.03.09(日) 02:02 | URL |  【編集】

みきさん、色々と大変だと思うけれど
フィンちゃんも頑張っているからね。
フィンちゃんみていると、少し涙腺がウルウルして
くるけれど、勇気もらえる気がします。
みきさんのがんばりには頭が下がります。

カレンちゃん戻ってきたらまた、みきさんを
カレンちゃんに取られちゃうだから
今のうちに甘えておくんだよ、フィンちゃん。
さり |  2008.03.09(日) 10:29 | URL |  【編集】

フィンちゃん、みきさん、頑張って~。。。
症例がない・・・と言うのがつらいですが、いつも頑張ってるみきさんを見てると、励まされます。。。

近々、テレビに出るのですか~???
見たいです!!良かったら教えて下さい^^。
くっきー&らぴ母 |  2008.03.09(日) 11:30 | URL |  【編集】

頭が下がります。

本当に日々フィンちゃんに多大なる愛情を注いでいるみきさんに頭が下がります。
どんな飼い主さんも自分の犬たちには愛情注いでいると思うのだけれど、みきさんの献身的な、でもきっちりとした愛情がフィンちゃんとカレンちゃんにしっかり伝わってる気がします。
この十年私も犬たちに愛情注いできてるつもりだけど、ちょっと足痛がってるくらいで、本当にこの子のいいたいことわかってあげれてるかな???って不安になりましたモン。
いまは、まだ調子いまいちだけど、悪化しないように適当にグラブの気持ちさぐってます(笑)
DAFFY |  2008.03.09(日) 13:08 | URL |  【編集】

★あんさん★
2年くらい前、診断が「悪性じゃない」から「悪性かも」になったときは何日も泣き暮らしました。
悪あがきもしたし。
だから、まっすぐに受け止められているんだかどうだか(^^;)
ただ今は月日が経過して、ありのまま受け入れざるを得ない状態まで来ちゃいました。

食欲ね!すごいよね!(笑)

★さりさん★
うんうん。フィンが頑張っているから、
私も頑張れているんだと思います。
「頑張らされている」っていうのかな(笑)。

カレンね~。ふふふ。
帰ってくるまで1週間になりました。
フィンは
「もうカレンは帰ってこないんだよね」
と思っているよね。
だから、相変わらずの~~んびりしてます。

帰ってきたら、この怒りんぼ姉さんは
どうなっちゃうんでしょう(笑)。

★クッキー&らぴ母さん★
シェパードやレトリーバーにはまれにある病気らしいですが、比較的年を取ってからのことが多いんですって。
フィンのように若いうちの発症するケースでは
進行が早いようです。

さすがに片眼がないと「個性もチャームポイント」
とはいかないと思うのですが、
かけがえのない存在には変わりはないので、
ずっと変わりない態度で接していこうと思います。

テレビね~!(笑)
日時が決定したら連絡しますね~。

でも
「規格外のおばさんぶり」にびっくりしないでね(笑)。

★DAFFYさん★
献身的でもないんですよぉ~。

生活の一部であるべき「犬の存在」が
生活の大半になっちゃっているっていうあたり、
ちょっと困った飼い主になっちゃってます(^^;)
もしもフィンが人間の言葉をしゃべれたら、
「私に依存しないで、自立しなよ~!」
って言われそうです。
うははは。

グラブさんはまだ調子今ひとつですか。
心配ですね。。
みき |  2008.03.09(日) 23:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。