09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

サプリメントって…

2008.04.19 (Sat)

書こうかどうか、ずっと迷っていた「サプリメント」のこと。

…やっぱり書いちゃおう。

フィンの眼の映像が流れた後、
「いいサプリメントがあるので、是非飲ませてあげて下さい」
という電話が数件ありました。

サプリメントの分厚い説明書に始まり、中には現物を送ってくれた人も。

赤の他人であるお母ちゃん&フィンに送料をかけて。
ありがたいことです……ありがたいんだけど…。

でもねぇ。

どれもこれも全部、マ○チ商法まがいなわけですよ~(苦笑)。

看護師をしているときも、サプリメントそのものより
「サプリメント ヲ ススメルココロ」
が怖いと感じていた。

サプリメントや「○○の水」?(笑)
かなりたくさんのお金を使っていた患者さんやご家族の方もいて。

なにより怖いのは、そういうところにはなぜかさらに
『サプリメント ヲ ススメルココロ』
が忍び寄ってくるということ。

効果を信じることはそれぞれの自由だし、
「少しでも病気がよくなるように」
「身体にいいと思える、ありとあらゆることはした」
と納得することも大事だと思ってはいるので、
そういう面では100%は否定しない。

でもね。
病院で人間が使っている薬剤でさえ、
「○○作用が高い薬」
みたいな謳い文句でさんざん使われていたのに
副作用で死亡例の報告が増えてきたからといって、
突然製造中止になったりするわけですわ…。

「サプリメントは食品だもん。医薬品じゃないもん」
っていうのもどんなもんかな。
極端な例だけど
「スギ花粉症のサプリメントに」
って、スギ花粉を入れたものが販売されちゃって
痛ましいことに、それを飲んだことで亡くなった例もあるのだから。
「辛い症状を改善したい」
という一心だったんでしょうに。
そこにつけ込んだ商売があるのが腹立たしい。


何人かの患者さんが飲んでいた「○○の水」。
1本(500ml)5000円~7000円だったかな。
あれってなんだったんだろう。

出来るものなら成分分析に出してみたかった(笑)。


今回、あちこちから送って頂いたサプリメントのパンフレットに
たくさん体験談がのっていました。
『効能』じゃないですよ…あくまでも『体験談』です。
「効果は個々もの(効果があったと信じている)であって、
効果を証明しているものではありません」
ですから。


あ~。
はいはい。
こういう表現の中に、こういう商売の抜け道があるわけですね(笑)。


「眼の腫瘍」「黒色腫瘍」
で検索して辿り着いた方がいらっしゃるようなので書きますが、
サプリメントを使うなら、本当に慎重になった方がいいと思います。









なぜこんなにしつこく書いたか…。
恥ずかしながら告白すると、
送っていただいたサプリメントを何回かフィンに飲ませてみたからなのです。
効果がありそうな成分でもなかったけど、
特に害になりそうな成分もなかったので。

080419-1.jpg

More・・・

でも。
夕方から飲ませて、翌朝から尿漏れ。
飲ませるのを休むと尿漏れの量が減る。
「偶然かな~」
と思ってまた飲ませるとまた尿漏れ。


…ど、どう考えてもこれが引き金じゃん(苦笑)。

それが分かってからは、飲ませるのをやめました。
それと同時に尿漏れもすっかり止まった。

もちろん、
あくまでもフィンの身体のせいであって、
そのサプリのせいではないかもしれません。
あくまでも効果は個々によるものだそうなので…ね(笑)。




『体験談』ではどのサプリも
「高血圧が治った」
「余命2ヶ月といわれていた癌が治った!」
「重症な糖尿病だったのに、医者も驚くほど血糖値が下がった」
「白内障が治った」
「C型肝炎が完治した」
とかあるんだよね。

そんな、どんな病気にも効くサプリメントなんて、
絶対にありえませんって~!

そんなに自信があるなら、
製薬会社に売り込みに行けばいいのに(笑)。

今回のことでびっくりしたのが、
「手術なんてしても意味がない…手術なんてしちゃダメです。
このサプリメントを飲めば必ず良くなるんですから」
とまで言ってくれちゃった方がいたこと(苦笑)。

そこまで言われると、
医療従事者だったお母ちゃんはちょっと返答に困っちゃうよ~(笑)。


宗教であっても薬であっても、効果を盲信している人は
「使用しているからこれくらい(の症状)ですんでいるんだ」
だし、最終的に残念な結果に終わった人も
「ここまで頑張ったんだから」
とか、
「余命3ヶ月と言われたのに、○○を飲んだせいで半年生きられた」
と自身に言い聞かせることが多い(そう信じたい)ので、
のちのちはあまり語らない人が多いそう。

つまり
「○○まで飲ませたのに、亡くなってしまった」
という話なんかは、そうそう表には出てこないわけです。

サプリメントを飲ませるなら、
飲ませても害がないものを選ぶことと
害があった場合、苦情を受け止めてくれる企業のものにすること。
もしくは。。。
仮に効果がなくても、苦笑いだけですませられるものにしておいた方が
無難そうですね(苦笑)。



一部過激発言がありますが、
あくまでも個人的な考えなので、良くも悪くも鵜呑みにしないでくださいませ。


<メモ> フィンお疲れさま~

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール - ジャンル : ペット

00:02  |  健康管理
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。