07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

直しても直しても…

2006.10.01 (Sun)

ぬいぐるみをフィンに預けておくと
あっという間に綿が~~。

半分近く出してしまうのでほどほどのところで没収。
いったん高いところに避難させて、
時間があるときにお直し。

「はい。直ったよ~~~」
と渡すと。


10分かけて直したのに5分で破壊。
06.10.1-2.jpg

まあ、こんなもんだよね(T△T)

また高いところに避難させました~~(笑)。


<メモ>
プロハート服用

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール - ジャンル : ペット

21:21  |  日常のこと  |  Comment(10)

Comment

前から思って見ていたけれど・・・、フィン君ってやっぱり
お利口さんの顔しているのよね!特に目が!!
お利口さんのコって目が違うように思うワン(笑)

でもでも・・・ぬいぐるみはうちのコ達といっしょだわ~~!!(嬉)
クウガママ |  2006.10.01(日) 23:12 | URL |  【編集】

みきさん、ご無沙汰です。
みきさん、針と糸で縫ってあげてるの?
少し前まではわたしだって、やってました、針と糸
でも今は~、目が見えなくて(ローガン)
フィン、びりびりするのって楽しいんだよね~~(爆)
ともこ |  2006.10.02(月) 01:41 | URL |  【編集】

クウガママさん

名前が女らしくないからかな?
しばしば間違われるのですが、フィンは『女の子』で~っす(爆)。

クウガママさんのブログも昨日は破壊系でしたね。
お互いに直しても直しても。うぐぐぐぐ。(笑)
みき |  2006.10.02(月) 08:12 | URL |  【編集】

ともこさん

この間「ビーボ」という名前のワンコと知り合いになったの。
んで、ともこさんのこと思い出していましたよ~ん。

針と糸で直してますよ!あったり前じゃ~ん。
木綿糸用の針にミシン糸を通して、糸をなが~~くしていっぺんに3カ所も4カ所も直すのがローガンの人のコツ(笑)。
直すのは数ヶ月に1回です。
取りかかるのに一大決心がいるよね(笑)。
みき |  2006.10.02(月) 08:16 | URL |  【編集】

おんなじ!

うちもフィンちゃんと同じで~~す。
ぬいぐるみは綿を出すもの?と思ってるみたい。(^^;)
手術したらまたすぐにそこから破壊・・・かなしくなります。
吾郎はぬいぐるみについているタグから破壊にはいります。
タッキーは顔だけは破壊しないので、顔onlyのコレクションがいっぱいあります。(不気味)
マミりん |  2006.10.02(月) 14:44 | URL |  【編集】

マミりんさん

破壊されたときの悲しみは、私やともこさん↑のように
老眼になると、もっと深~~~くなりますですよ(笑)。
フィンは顔(鼻近辺)から破壊することが断然多いです。
タッキー君は顔は破壊しないの?
顔だけ集めて何とか繋げて、顔ボールを作るという案はどうですかねぇ。
その辺に転がっていたら怖いかぁ(笑)。
みき |  2006.10.02(月) 23:48 | URL |  【編集】

ぬいぐるみなら 縫ってあげるのに・・・
ゆみ |  2006.10.03(火) 14:13 | URL |  【編集】

ゆみさん

じゃあ、内臓が飛び出たぬいぐるみを
時々まとめて送ってもい~~い?(笑)
でもゆみさんが縫った側からアンリが壊しそうな(^^;)

な~んて。
縫うことはなんとか出来るの。
問題は糸と針(-_-)タイヘンナノヨ~
多分、ゆみさんもあと20年たてば
私とともこさん(笑)の気持ちが分かるはず(笑)。
みき |  2006.10.03(火) 21:32 | URL |  【編集】

ごめんね~!

フィンちゃん ごめ~~~ん!!男の子だとばかり思いこんでいました!!!ホント ごめんね!
お馬鹿なおばちゃんです お許しを~~!
クウガママ |  2006.10.03(火) 21:37 | URL |  【編集】

クウガママさん

謝らないで下さ~~い(^^)
間違えられるのは何とも思っていません。
ただ
「正解をお伝えせねば」
と思っただけで。
私もちょくちょく間違えます(^^;ゞ
一度会ってしまえば、もう間違えないんですけどね。
っていうのは当たり前かぁ~(笑)。
みき |  2006.10.03(火) 21:54 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |