05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

フィンの眼…経過

2009.08.28 (Fri)

先月だったかな。
フィンの後脚の膝の裏のちょっと上くらいに
ポツンと薄茶色のモノができていた。

「かさぶた?」
と思って、ちょっと爪で引っ掻いてみたけれど剥がれず。

一応チャレンジしたけど「なにこれ?」的写真(>_<)
090828-3.jpg

More・・・

勝手に引っ掻いちゃだめですね~。
いじるのが好きで(笑)。

ちょっと血腫(血豆)みたいになっちゃった(^^;
その後も時々様子を見ていたけど小さくならず。
今朝もまたふと思い出して点検してみたら、
ちょっと黒くて固くなってる。

…腫瘍?

これはやっぱり獣医さん行きだよねぇ。
急遽、1時間ちょっと走っていつもの獣医さんに
診てもらってきました。

良性の腫瘍?
形質細胞腫かアレルギーに起因するものらしい。

穿刺したら平たくなったけど、
「また大きくなるかも」
って。

今のところφ2mmくらいです。

ついでに診察した眼の方は
「角膜は8割方腫瘍で覆われてしまっている。
でもまだ見えてますね」
って。

最近、学会に行ったときに
アメリカの獣医さん(眼科疾患の専門(眼以外は診ない))と
話をする機会があったそう。、

フィンの病気はアメリカでは診断するとすぐに眼球を摘出しちゃうそう。
①転移の危険を避けるため
②飼い主の経済的負担を避けるため
③いずれ続発性の緑内障になり、痛みが出ることがはっきりしているので
その際に犬に不要な痛い思いをさせてしまこと。
などなど…から。

だから、フィンが
診断がついているのに眼球を残してあること。
しかも視力があるまま何年も経過していると聞いて
「そんな症例は聞いたことがない。
D-フラクションが効いているのと
飼い主が愛情を持って接し犬がストレスがない(もしくは少ない)生活を
している…くらいしか理由が思いつきません」
とすごくびっくりしていたそうです(笑)。

日本でもアメリカでも極めて希なケースか~。

やっぱり、
ついでに宝くじ当たってくれないかな~~と思ふ(笑)。




<メモ> デルモゾールG(ローション) 2×(とりあえず1~2週間限定)
      体重24.1キロ

テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール - ジャンル : ペット

22:48  |  健康管理  |  Comment(8)

Comment

No title

やぁだみきさん、あなたともあろう人がなんてことを!(笑)
なーんて冗談が言えてホッとしている私。
フィン強し!
しかもなにー、極めて稀と言わしめましたか!
へっへっへ~♪何故か私が得意な気分になってしまったわ。
ストレスが無いことも、状態を良好に保つ条件になるんだね。すごすぎる。
そういう意味では本当にフィンはみきさんのところへ来るべくしてきた子、
というかきっとみきさんのところへ行くと決めていたんだろうな。
うちに来たら今頃アメリカ式になっていただろうなあ。
良かったね、フィン(ノ_・。)
宝くじに当たったらみきさんはアレとかアレに使うからだめだって。
フィンとカレンが言ってたよ(爆)
ひろみ |  2009.08.30(日) 01:12 | URL |  【編集】

No title

奇跡のわんこ♪
だって、フィンはわんこのようでわんこじゃないもん。
フィンはフィンで、フィン以外の何物でもないもん!
・・・って、あたしは何を言ってるんでしょ。笑
noko |  2009.08.30(日) 11:49 | URL |  【編集】

No title

フィン、すごいね~!奇跡の犬!!
みきさん&パパさんの愛情と
カレンの元気さもあるのかなぁ(笑)

警察犬の訓練とかにも生きがい感じてるんだね!
フィンのすごさになんか感動して涙でてきちゃったよ…
空ママ |  2009.08.31(月) 07:01 | URL |  【編集】

No title

なんともなかった、といっていいのね?
とりあえずホッですねん。もーぅ、みきさん(笑)

そうだね~フィンの運命がみきさんを選んでやってきたんでしょう
神様が「この人間のとこに行きなさい」と。

フィン、おばちゃんの願いは。
このままずっと、、だよ。
まめあん |  2009.09.01(火) 01:14 | URL |  【編集】

ひろみさん

昨夜もちょっと引っ張っちゃったよ。
だって~、ペリッととれそうなんだもん(とれないんだけど(笑))。
「極めて稀」は、すぐに摘出しちゃうから、
どれくら残していられるのかっていうデーターがないんだろうね。
それにしても、先生が
「結果論だけど、あのときとらなくて本当によかったと思います!」
まだ申し越し頑張れる気がする」
って。
私以上に張り切ってくれています(笑)。

>というかきっとみきさんのところへ行くと決めていたんだろうな。
の割には初めて会った時、フィンはこっちに背中を向けて
爆睡していたよ。
「あたしゃ、どーでもいい」
って感じだった(笑)。

ストレスがない…はどうなんだろうね。
フィンがしゃべれたら
「ストレス?いっぱいあるってぇーーー!」
っていうかも(笑)。

>宝くじに当たったらみきさんはアレとかアレに使うからだめだって。
あはははははははは~。
こらーーー!
みき |  2009.09.01(火) 16:36 | URL |  【編集】

nokoさん

このまま治るとか、進行が止まるなら
すごい奇跡なんですけどねぇ(^^;

>フィンはフィンで、フィン以外の何物でもないもん!
フィン科のフィンという動物かな…(笑)(笑)。
みき |  2009.09.01(火) 16:42 | URL |  【編集】

空ママ

空ママまで「奇跡」って~(笑)。
アメリカの獣医さんは
「日本人はなんでそんなことにこだわるの?」
って感じのびっくりもあると思う。
それだけでもびっくりなんじゃないかな(笑)。
「片眼が見えなくても何の不自由もないのに…」
ってね~。

病気が分かった当初は
「片眼になってもほとんど不自由もない」
って聞いても、あまりピンと来なかったんだけど、
考えてみたら、今はもうほとんど見えてない状態なんだよね。
で、全然不自由がなさげ(笑)。

きっと術後しても、外見以外は何も変わらないと思われます。
以前は片眼がないなんて外観が悪いよねって思った。
でもそれも考えてみたら、今すでに充分外観は悪いです(苦笑)。

旦那と訓練士さんくらいかなぁ…。
「これはこれで見慣れたらかわいいよね~」
っていうのは(笑)。
みき |  2009.09.01(火) 16:53 | URL |  【編集】

まめちゃん

良性の腫瘍みたいだよ。
とるとしても局所麻酔ですむって。
ほかにもできる可能性はあるらしい。
レトリバーに多いといわれる脂肪腫はまだないのにね。
眼が一手に引き受けてくれているのかな(苦笑)。

>そうだね~フィンの運命がみきさんを選んでやってきたんでしょう
>神様が「この人間のとこに行きなさい」と。
「ちっ!神様に騙されたぜ」
って思ってなけりゃいいけど~(笑)。

「生まれ変わっても、もう一度あの人間のところに行きたい」
って言ってくれたら嬉しいよね。

…おやついっぱいあげておこう(笑)。
みき |  2009.09.01(火) 17:03 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME |